みんなで買えたよ!

 

1月29日(水)

 

  今日はそらぐみで節分の集いに必要な「豆」と「いわし」を買いに行きました。

 

朝、集まった時に「あれ?お金、、、どうしよ」と話をすると「おうちにあるよ」「もっとる!」と声が上がっていました。

「保育園でお金持ってる人、、、?だれだろう??」と問いかけると「そうだそうだ!」と事務所に向かう子どもたちでした。

 

園長先生に話をして、無事にお金を預かって「これで大丈夫!」と出発しました。

 

 

 

 

 

藤三に到着して、もう一度みんなでお店の約束をしました。

「他のお客さんもいるから、静かにしよう」「みんな買い物してるから、端っこを歩こう」

ドキドキわくわくしながら店内へ入っていきました。

 

 

「どれがいわし??」と店員さんに聞いて見つけると「わーすげー」と顔を近づけ

 

 

 

「くせ!!!」「これは、くさいけー鬼もきらいじゃ」と実際に臭いをかいで納得していました。

 

 

 

「つぎは、まめだー」と見つけたけど、頼まれた数がありませんでした。

すると、「5こなのに、2こしかない、、」「でも、いっぱいはいっとるし、、」「これでたりそうじゃない?」

みんなで相談を重ねて、見つけた2袋を買って帰ることに決まりました。

 

 

 

子どもたちでお金を払って、大事に大事に園まで持って帰りました。

 

 

豆は、うさぎぐみが炒って準備をしてくれます。

いわしは、そらぐみで焼いて“やいかがし”の準備をしようと思います。

節分に向けて準備を進めている子どもたちです。

2020.01.29 Wednesday comments(0)

オニだぞ〜!


1月27日月曜日

 

午後、事務所に4歳児そら組さんがやってきました。

 

「オニをつくった!みて!」

「あのねー、これが目で、口で、つのもあるんよ」

 

どれどれ、そら組をのぞいてみると、

思い思いにオニのおめんを作っている真っ最中。

 

 

「わるいこは おらんか⁈」とオニになりきっている子も…

 

「みてみて!つのが3本あるんよー」と自分の作ったおめんを見せてくれました。

「ほんとだ!いろんなつのがあるんだねぇ」

 

友だちと作ったものを見合いっこ。

 

節分には、どんなオニがやってくるかな?

 

 

 

2020.01.27 Monday comments(0)

みらい保育園のともだちが遊びにきたよ


1月24日金曜日

 

昨日、姉妹園のみらいから

元気な子どもたち(4歳児)が遊びに来ました。

 

「かっぱおやじをさがしにきたんよ」

「かっぱおやじしらない?」

あちらこちらを探しまわっています。

 

「かっぱおやじって、こんなんよ!」

みらい保育園から持ってきた絵本を見せてくれました。

 

そのうち、ようこうの子どもたちから聞きつけて

「ようこう保育園にオニからの手紙がきたん?」

「オニからの手紙、見たい!」

 

「ほんとうだ‼」

じーっと真剣なまなざしで見ています。

 

幼児組になると、じぶんの中に様々な経験をかさねたり、絵本などに触れることでイメージが豊かになっていきます。

 

大人の私たちも、そうだったように…

 

2020.01.24 Friday comments(0)

あったかーいね‥

1月23日(木曜日)

 

曇り空の園庭。

 

テラスになべやフライパンを

ずらーっと並べて

1歳児たけのこ組さんがままごとを

もくもくと楽しんでいました。

 

つめたーい!と差し出したかわいい手。

 

「あったかーいお湯を持ってこよっか⁉」

たらいにお湯を入れながら

みんな、どんな顔をするかな?とにんまり…

 

「よいしょ よいしょ」

「あったかーいのもってきたよー」


「あったかーい!」

友だちもあつまってきました。

「あったかーい‼」

 

「あしも!」


手も足もあったか〜くなって、

みんなニッコリ笑顔。

心もあったか〜くなった様子。


寒い冬は暖房などに慣れている生活ですが、

時には、『つめたい』や『あたたかい』を

肌で感じることも、

四季がある日本ならではの体験‥

大切なことなのかも知れないですね。

 

 

 

 

 

2020.01.23 Thursday comments(0)

鬼のおめん作りを始めました

 

1月21日(火曜日)

 

2月3日は節分ですね。

5歳児年長の子どもたちは、

『張り子』で鬼のおめん作りをすることにしました。

顔を真っ赤にしながら風船をふくらまします。

ふーっと息を吹き込み、あっという間にふくらます子。

ふくらんだと思ったら、しゅーーーっとしぼんでしまう子…

そのあとは、風船あそびに夢中!

 

いよいよ、小さく切った新聞紙を、筆を使って

薄めたボンド液ではりつける『張り子』に挑戦。

みんなの顔は真剣そのもの。

筆づかいもずいぶん上手になっていました。

すごく静かで集中していましたよ。

 

そのうちに

「強いオニにする!」

「わたしは優しいオニにする!」

「みんなには、ヒミツにしたい!」

オニをイメージしながら、楽しいオシャベリが始まりました。

 

「強いオニにするには新聞紙を重ねる『力』が必要だね」と伝えると、

「本縄といっしょだね!」の声もあがりました。

本縄を頑張った自分自身の経験から出た言葉ですね。

 

年長ならではの根気がいる手作業の取り組みです。

毎日、コツコツと張り重ねていくことでしょう。

完成する日が待ち遠しいですね。

 

 

 

 

 

2020.01.21 Tuesday comments(0)

コーナンへ買い物に行きました(5歳児)


1月15日(水曜日)

 

1月に入って、マフラーが完成した

友だちがあらわれました。

 

「すごーい‼」とほかの子もマフラーづくりに

熱が入ってきました。

 

マフラーの毛糸がたりない…と

コーナンへ買い物に出かけることに。

そうそう、今度たき火でマシュマロを焼いて

たべるんだった!

さすが、他のクラスのマシュマロも買うことを忘れていません。

 

事務所へ行き、園長先生に相談をしました。

「買い物に行くからお金をください」

「毛糸はあと15個くらいいるよ!」

「何を買うの?」

「毛糸とマシュマロはいくらかな?」

 

電卓で計算してくれるのをウキウキしながら

待っています。事務の先生からも買い物をたのまれました。

「いいよ!まかせて!!」

とはりきる子どもたち。

 

なんでも揃っているコーナンでお買い物です。

毛糸に、マシュマロ…

 

少し緊張気味の子どもたちでしたが、店員さんに話をしたりして目的のものを買うことができました。

 

 

「お金足りるかなー」

「何円ですか?!」

「おつりはどのくらいある?」

 

 

実際にお金を使う中で、数にも関心が広がっていました。

 

「ただいまー」

「買ってきたよ!」

お使いも無事にできました。

自分たちのために、みんなのためにすることが、子どもたちの生きる知恵となっていますね。

 

 

2020.01.15 Wednesday comments(0)

ぽかぽか陽気の園庭で…

1月11日(土)

 

ぽかぽか陽気の土曜日。

園庭では今日も元気いっぱいの

子どもたちが遊んでいました。

 

ポンプのまわりに集まっているので

のぞいてみると…

 

水がでないかなー

一生懸命ポンプを押していましたよ。

 

奥のタイヤのところでは

クズのつる遊び。

 

せんせいもくぐっていいよー

 

こんなものが転がっていたよー

よいしょ、こらしょ!

 

お正月遊びの羽根つきも大人気!

 

新聞紙を丸めてビニール袋に入れて

新しい羽根を作ってみました。

大きめで軽くて、つきやすそう…

 

よーし、できた!やってみよう‼

 

 

時には真剣な表情、

時には残念そうな顔、

時にはみんなで大笑い。

 

 「(羽根は)上にあげるんよ!」

友だちに教える姿もありました。


子どもたちの生き生きとした姿に

今年もいい年になるな…と

うれしく眺めました。

 

 

2020.01.11 Saturday comments(0)

まねっこ まねっこ

1月8日(水曜日)

 

朝、 ホールでは合同リズム遊びを楽しむ

幼児組の姿が見られました。


 年長組ならではのリズム『ブリッジ』

「すごいね!」と子どもたちは見入ります。

 

 年中組は『ブリッジ』に取り組む前の、

足首を持ち下半身を上げる運動に挑戦。

どの子も真剣な表情です。

 

 

 年長さんの『ツバメ』のリズム。

胸を張って、堂々としていて自信すら

うかがえます。


 憧れの年長さんの真似をして、

『ツバメ』になって走る年中さん。

 

 『兄弟すずめ』は年長のリズム遊び。

3人が心と身体を一つにして楽しみます。


 お兄ちゃん、お姉ちゃんたちのリズムを

見ていた2歳児りす組さんが、

だれもいなくなったホールで『兄弟すずめ』

をまねっこ。

歌も口ずさみながら楽しそう!

誰からも教えてもらっていないのに、

本当によく見ています。


 牾悗咾鰐亙錙覆泙佑辰魁砲ら瓩

言われる乳幼児期。

いろいろなことに興味や憧れをもって見ることで、自然と学び、成長している子どもたちです。


 

 

 

 

2020.01.08 Wednesday comments(0)

みんなで「あけましておめでとう」

1月6日(月曜日)

 

今日は月曜日。

「あけましておめでとう」

「ことしもよろしくおねがいします」

朝、少し照れながらも笑顔で年始のあいさつが行き交いました。

 

ホールのピアノを囲んで

素敵な歌をうたう姿はとってもうれしそう…

みんなでうたうと気持ちがいいね

 

園庭にかけ出していく子どもたちは

元気いーっぱい。

久しぶりのロープのぼりに夢中です。

 

『だるまさんが転んだ』も

みんなと一緒で楽しいね。

 

ドラム缶の底に氷を発見!手にとって

「みてみて!こおり!」

「つめたーい‼」

 

「こおりって、とけたら水になるんよね」

寒い冬の季節を肌で実感しながらのつぶやき。冬ならではの貴重な体験です。

 

畑では、冬の寒さに耐えながら

冬野菜たちがグーンと伸びています。

 

今年も子どもたち一人ひとりが、

たくましく育ってくれることを心から願っています…

 

2020.01.06 Monday comments(0)

門松づくり

 

12月27日(金曜日)

 

今年もみんなで門松づくりをしました。

お正月を迎える最後の準備です。

 

一昨日、年長ひかり組は竹取りに出かけました。

毎年、年末に門松づくりをしてきた年長さんは

何をどんな風に準備していいか、よくわかっていました。

 

どの竹がいいかな?

一番太い竹はどれかな?

 

 

わしょい!わっしょい!

太い竹みつけたね。

 

今年も竹を切る経験を重ねて

のこぎり使いも上手になりました。

 

つぶやきが聞こえてきます。

「かみさまはどこにいるのかな?」

「かみさまは見えないんだよ」

「そらからおりてきて、竹の中にはいるんだよね」

豊かな想像力も育っています。

 

 

竹の切り口に節を入れると

笑った時の口に似ていることから

「笑う門には福来たる」を表しているそうですよ。

子どもたちの笑顔にそっくり!

 

年少うさぎ組、年中そら組が『椿油』をつけた布で拭き上げ

ピカピカの美しい竹になりました。

 

そして、今日、最後の仕上げを任されたのは、来年に年長になる、そら組です。

 

竹を立て、『こも』を縄で巻きます。

 

うさぎ組が園周辺を探しまわって見つけてきた『南天』。

そら組がコーナンで買ってきた『葉ボタン』。

ひかり組が山で集めた『松』『笹』。

一つひとつ、大事に扱っていました。

 

 

 

『ようこう門松』の完成‼

玄関の両側に、シュッと立つ門松を見ると

新しい年がくるのだな…と感じました。

一年の幸福をもたらすとされる神様『歳神様』を

迷わずに家に招き入れるための猝椣瓩

神様が宿るともいわれている門松。

 

日本の文化、風習を子どもたちなりに感じてくれたことでしょう。

 

元気いっぱいの子どもたちの姿に、この一年での成長を感じます。

今年一年、どうもありがとうございました。

 

来年も子どもたち、おうちの方、地域の方々にとって、健康で幸多い年になりますように…

 

 

 

 

2019.12.28 Saturday comments(0)

<< | 2/22PAGES | >>